毎日が〇〇曜日

元公務員の管理栄養士がスポーツ栄養士を目指す道のり。小学生男児1号、2号との日常を綴るブログ

残暑を乗り切るために、やっておきたいこと。

今週のお題「残暑を乗り切る」

まだまだ暑い日が続きますね。

昨日から3日間、スポーツ栄養学会に参加しているのですが、話題になっていることと言えば「グリコーゲン」のこと。

運動するエネルギー源として、糖質は重要でいかに筋肉にグリコーゲンを溜め込むことができるか。

糖質はグリコーゲンとして、肝臓、筋肉に貯蔵されるが、貯蔵量には限りがあるので、グリコーゲンが枯渇すると疲労を感じる。

脂質からもエネルギー源となるが、脂質だけで運動時のエネルギー源となることはない。

そんなわけで、糖質が重要となる。

疲労回復は、いかに筋肉中のグリコーゲンを早く戻すかということ。

※まだまだ勉強中の身、解釈が間違っていたらすみません。

 

残暑を乗り切るということは、夏の暑さ負けをしないようにすること。

まだまだ暑さは続いており、暑さで疲労が蓄積する。

疲労回復をすることが、残暑対策にも有効なのではないかと考える。

糖質が重要であるが、糖質の中でもデンプンをしっかりとること。

しっかり食事をとるということだ。

中でも、1日の活動のスイッチを入れるために

「朝ごはん」

をしっかり食べることが大切じゃないかと思う。

 

私のオススメな簡単な朝食

・ごはん

・納豆

・具だくさん味噌汁

 

時間がないときでも、すぐ食べられる。

たんぱく質と一緒に食事をとることで、体が覚醒し、体温がグッと上がる。

活動のスイッチが入る。

具だくさん味噌汁で、ビタミンがとれる。塩分もあるので、熱中症予防にもなる。

 

梅ぼしもオススメ。

 

個人的には、残暑払いで生ビールをグイグイ飲みたい(笑)